好きなあの子の心を掴む!恋愛を前に進める『呼び方』の魔術

未分類

あなたは、好きな子に、

「あ、なんかこの人と話してると心地いいな」

「またお話したいな」

と、思ってもらえる。

そんな、ステキな関係になりたくないですか?

今回は、そんなあなたのため。僕自身も実践してきた、好きな子と一気に親密になれる技術を、紹介します。

これは、たった1つ意識するだけの、簡単な方法

それなのに、あの子と急速に仲良くなれます。

その、方法とは、、、

『下の名前で呼び合うこと』

あなたの周りにいる、すぐ誰とでも仲良くなっちゃう人。

最初から相手を、下の名前で読んでません?

下の名前で呼び合うことで仲良くなれるのには、以下に示す3つの理由があります。

  1. 名前を呼ぶのは親密な相手だけ
  2. 会話がしやすくなる
  3. 人は、自分の名前が好き

それでは一つ一つ、紹介していきますね。

名前を呼ぶのは親密な相手だけ

有名な心理学の理論に、『認知的不協和』というものがあります。

これは、感情と行動に矛盾が生じた場合に、それを解消しようとして、無意識的に自分の感情を変えてしまう効果。

つまり、それほど仲良くなかったとしても、親密な相手にしかしない行動をすると、「自分はこの人に好感を持っている!」と勘違いしてしまうのです。

だから、下の名前で呼ぶのは、効果的。

家族や昔からの友達、そしてもちろん恋人など。自分のことを下の名前で呼ぶのは、距離の近い相手だけですよね。

名前で呼び合うと、脳が本能的に、『この人は親密な相手なのだ』と判断します。

会話がしやすくなる

話しかけられる時。「ねえねえ」よりも「名字+さん」。それよりも、下の名前で呼ばれたほうが、気楽に話せますよね。

好きな子が楽しく話してくれる。堅苦しく無い会話ができる。会話が弾む。必然的に、好きな子との距離が、グングン縮まっていくわけです。

人は、自分の名前が好き

心理学的に、以下の事実が明らかになっています。それは、

人は、「好き」や「かわいいね」など。どんな褒め言葉よりも、名前を呼ばれたときに心地よく感じる、ということ。

これほど、人間にとって、名前は重要なものなんです。

だから、LINEでも、電話でも、デート中でも。名前を呼ぶ回数をできるだけ増やす。これだけで、あの子からの好感度が上がっていくんです

ただ呼び方を意識すれば、あの子と仲良くなれる

下の名前で呼ぶ。これを実践するだけで、心の距離が急激に近くなる。

これ、やらない手は無いと思うんですよ。

さっそくあなたも、呼び方を変えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました